🏕ペテボーイのキャンプ情報🏕

閲覧ありがとうございます!!

キャンパー必見!アウトドアナイフまとめ

こんにちは、キャンパーのペテボーイです。

皆さんは、キャンプ道具でカッコイイものを買えた時、テンションが上がったりしますか?僕はかなり上がりますが、その中でもナイフを買った時が1番上がります。

そんなわけで今回は、男のロマン”ナイフ”について、イケてるナイフや定番ナイフ等、幅広くピックアップしてご紹介しようと思います!!

f:id:sanababitch:20210705133952j:plain

アウトドアナイフとは

まず、単にアウトドアナイフと言っても様々な形や種類がありますよね。この記事を読んでくれている皆様ならもうご存知かも知れませんが、簡単に種類を説明して行こうと思います。

・シースナイフ
ブレードとグリップが一体になっている、折り畳めないタイプのナイフ。ブレードが太く、頑丈でバドニング(薪割り)などにも活用できる、本格的なナイフ。
 
・フォールディングナイフ

落たたみ可能なナイフ。バドニングなどには向いていないが、コンパクトで持ち運びが楽。お洒落なブランドも多く、キャンプ料理に使われる事が多い。


・ツールナイフ
栓抜きやドライバー、ハサミなど等が一緒についた多機能ナイフ。料理にもバドニングにも向いていないが、1本あると様々なシーンに対応でき、万能。

ナイフの材質について

実は重要なナイフの材質。ナイフを探す前に基礎知識だけでも入れておくと、ナイフ選びがはかどると思います!ナイフを探していると”ステンレス鋼”や”青紙”など、よく分からない材質を目にしますよね。ですが、ナイフに使われる材質は大きく分けて二つなんです。

・ステンレス

・炭素鋼(ハガネ、カーボンスチール)

の二つです。ステンレスとは、鋼にクロムを一定以上混ぜて、錆びにくくした素材のことで、炭素鋼は、鋼の1種です。簡単にまとめてしまえば、

・錆びにくく手入れのしやすいステンレス

・手入れは面倒だが研ぎやすく特有の切れ味を誇る炭素鋼(ダマスカス鋼や青紙)

に分けることが出来るんです!ステンレスはサビに強く丈夫な反面、研ぎにくいと言うデメリットもありますし、炭素鋼は、研ぎやすく、自分好みの切れ味に加工できる反面、放っておくと湿度だけでも簡単に錆びるといデメリットがあります。ナイフの材質選びは、研ぐのが上手くサビ対策などの知識がある方は炭素鋼、初心者やキャンプの頻度が少ない方はステンレスを選んでおくと間違い無いと思います。

ド定番アウトドアナイフ

さて、キャンプで使うナイフとして人気な物はどんな物があるのでしょうか?ここで、多くのキャンパーが使っているド定番ナイフをご紹介します。このド定番ナイフ達は、どれもお洒落で機能性にすぐれ、リーズナブルという共通点があり、全て持っていても良いくらいだと思います!それでは見ていきましょう。

OPINEL(オピネル)

まずはフランスの「OPINEL」。フランスらしいお洒落な曲線を描くシルエットと、薄く鋭いブレード、木の柄、ロゴ、ブレードロックができる機能性。デザインの全てがカッコよく、キャンパーに大人気のナイフ。フランスの肥後守とも呼ばれています。

肥後守(ひごのかみ)

日本発祥の「肥後守」。同サイズ程のOPINELとは対照的な厚いブレードに、真っ直ぐなブレード、金色の柄に、漢字の彫刻。ブレードのロックは出来ず、常に親指で押さえる必要が有ります。OPINELと肥後守は、さながら「色気のある紳士」と「硬派な武士」を感じさせます。日本のOPINELとも呼ばれていますね。

モーラナイフ

日本では超ド定番のシースナイフ。スウェーデン発祥のナイフで、2000円代から手に入る手頃さに加え、バドニングも出来る頑丈さ。さらに豊富な品揃えで用途によって長さの違うナイフが選べるのも特徴です。買う場合は刃渡りなどを調べて買いましょう!

ビクトリノックス

スイス発祥の長い歴史を持つビクトリノックス、定番はツールナイフです。赤いボディにスイスの国旗が描かれたシンプルなデザインが、多くのキャンパーを魅了してきました。機能はナイフの種類によりますが、主にドライバー、栓抜き、ナイフ、剃刀、ノコギリ、ハサミなど。実用性と言うよりかは、カッコいいから持っておきたい1本。

 

その他のアウトドアナイフ

上で紹介したナイフは定番ですが、その他にもかっこいいナイフは数多く存在します。

ここでご紹介していきますね!

豊国(とよくに)

1940年代から続く高知県の鍛冶屋のナイフです。値段は張りますが何と言っても、和を感じさせる渋いナイフで、様々な形が出されています。日本製のナイフはやはり切れ味も細部までのこだわりも全然違うなと感じさせるナイフ。ベテランキャンパーや狩人、ナイフ愛好家などから高い人気を誇っています。

toyokuni.net

 

Mossy Oak(モッシーオーク)

洋風なデザインとリーズナブルさから今人気上昇中のシースナイフ、モッシーオーク。アメリカのアウトドアブランドで、1980年代に創設されました。実際僕も持っていますが、2300円ほどで手に入りオマケの小さいフォールディングナイフも付いてきたので満足です。が、到着時には先端が欠けていました。良いステンレスでもないのでかなり研ぎにくく、バドニングには向いていますが料理には向いてないと思います。デザインと機能性などを含めたら5000円しても良いかなというナイフですので、コスパ最高です。

 Kershaw (カーショウ)

アメリカのブランドとコラボもしているカーショウ。フォールディングナイフが人気で、人と被らないナイフが欲しい人や、アーミー系のナイフが欲しい方にはぴったりなナイフだと思います。値段はピンキリですが、安いものだと2000〜3000円で手に入ります!

misono(みその)

ここで、アウトドアナイフでは無いのですが、キャンプでペティナイフを使ってもいいんじゃ無いかと個人的に思っている僕から、包丁ブランドの紹介です。misonoは有名なシェフも多く愛用している包丁ブランドで、日本の伝統技術を守りながら、最先端技術も駆使して1本1本作り上げる日本の包丁メーカーです。切れ味や研ぎやすさは本物。

最後に

いかがでしたか?ナイフはキャンプになくてはならない大事な道具。ぜひこの機会に自分の好みで長く愛用できる、そんな1本を探してみてください!あなたのキャンプライフをもっと豊かにしてくれると思います。それでは!

キャンパー必見!キャンプをしながらお金を稼ぐ方法

こんにちは、ペテボーイです。

今回は、キャンプをしながらお金を稼ぐ方法を皆様にお伝えしてこうと思います。

まず第一弾として、難しいけど確実に稼げる方法を簡単にご紹介しますね!!

キャンプをしながら稼ぐって、本当にできる?

キャンプをしながら稼げるの?結論から言いますと、誰にでも出来ます。ただ、誰にでもすぐにできるとは言えませんし、そんな方法があるならみんなそうして生きてると思います。一般的な副業などは、「即日振り込み」「1週間で5万円」などと過剰に広告を出していますが、あれは詐欺ですよね。僕は、今からでも遅くなく、着実に準備を進めていけばいずれ絶対にそうなれる。今回はそんな方法を教えていきます。ちなみに僕は、皆様をどこかのスクールに勧誘したり、何かのビジネスのために記事を描いてる訳ではありませんからね!完全無償の情報提供です。

じゃあ何をしたらいいの?

はい、こちらも結論から言います。その方法とは「プログラミングとwebデザイン」です。最近よくプログラミングの広告などは見ると思いますが、実際それをやったことがある人は少ないのではないでしょうか?プログラミングの一般的なイメージとしては、「頭がいい人がやっている」「難しそう」「オタクの仕事」などがあると思いますが、それはプログラミングを極めた人の特徴であり、プログラミングは極めずとも仕事があるんです。簡単なイメージとしては、飲食店に人手が足りず、皿洗いでもそこそこの給料で雇ってしまう。こんな所でしょうか。IT業界は深刻な人手不足が続いていますが、IT業界の会社は人を雇い育てる余裕はありません。そこで発達したのが、クラウドワークスやランサーズといった、外注サイトです。プログラミング業界はまだまだ仕事があぶれているんです!!

下のサイトでプログラミングについては何となく理解できると思います。

haa.athuman.com

何から始めたらいいの?

これも結論から言いますが、まずはワードプレスから始めて見てください。ワードプレスは、プログラミンではなく、初心者でもホームページや自分のオリジナルブログなどを作れるコンテンツです。なぜワードプレスから始めるのかというと、これだけで仕事になってしまうからです。本来、初心者はHTML.CSSといった、サイトを作るためのプログラミング言語から始めるのですが、それで仕事にありつくまでは、本気で勉強しても早くて6ヶ月くらいはかかると思います。そんな時間を使うくらいであれば、簡単なサイトを作れるようになり、それを仕事にしてしまうのが手っ取り早いんです。

www.xserver.ne.jp

 

キャンプをしながらお金を稼ぐ流れ

イメージとしては、

ワードプレスの勉強(目安1ヶ月)

↓

ランサーズやクラウドワークス、知り合いの方等から、ホームページ作成の仕事をとる

↓

ホームページを何件か作り、管理費として月々入ってくるお金を獲得

↓

キャンプをしながらパソコンで仕事をし、製作費と管理費の2つでお金を獲得。

↓

案件数をこなして行けばいくほど、時間にもお金にも余裕が生まれる

↓

資金を他の副業などに運用する

このような流れになります。

ワードプレスに慣れてからプログラミング

ある程度ワードプレスを使いこなせるようになってからプログラミングに移行すると、全容を理解しやすくなりまし、そうなると制作の実績もあり、ポートフォリオとして落とし込めるので、WEBデザインなどの仕事も取りやすくなります。この時点でフリーランスとしても活躍できるレベルになります。プログラミングでは、自分で一からオリジナルのサイトを作れるので、キャンプ用サイトや自身のブログ等、様々なものが作れるようになり、楽しさがあると思います。

 

最後に

今回はものすごく掻い摘んで簡単に書いてみましたが、いかがでしたか?

プログラミングの勉強中もお金にならないとつまらなくてやっていけないので、今回はこのような記事を書いてみました。パソコン1台でお金を稼ぐ方法はまだまだありますので、よかったらこれからもチャックしてみてください!それでは!

 

100円ショップのキャンプ道具 おすすめランキングbest8!!

こんにちは、キャンパーのペテボーイです

最近話題の100円ショップのキャンプ道具についてまとめた記事です!

100円でこれが買える!?と、驚きの商品を、ランキング形式で紹介していきます!

 100円ショップのキャンプ道具とは??

昨今キャンプ業界に大きな革命を起こしている100円ショップのキャンプ道具。主にダイソー、セリア、キャンドゥから、様々なキャンプ道具が出ているのですが、それが価格崩壊してると話題になってます。1つ例を挙げると、ファイヤースターター。Amazonで安い物を買ってもつい数年前までは大体800円くらいしていました。それが今は100円で買えてしまうのです。様々なキャンプ用品が出てる中で、これは本当にすごい!という物を紹介していきます!

 

100円ショップ キャンプ道具おすすめランキング!

8位 キャンピングハンモック(ダイソー)550円

第8位はダイソーのカラーハンモック。冷静に考えて550円でハンモックが買えるって、やばく無いですか??(語彙力)森の中でのキャンプなどに使えて、子供から大人の女性に大人気のハンモック。また、雨でも上にタープを張れば、浸水を気にせず寝ることもできるという点もいいですよね。これはおすすめです!

7位 寝袋(ダイソー)1100円

第7位はダイソーの寝袋(封筒型シュラフ)。ダイソーでシュラフですよ?昔はモンベルなどのアウトドア用品店でしか買えなかったシュラフが、なんと今は100均で手に入る時代。サイズは大体 75×180cm で、成人男性でも使えるサイズです。寝袋は買っておくと、停電のどの災害時にも役立つグッズですので、かなりおすすめです。

6位 アルミ風防(ダイソー)550円

6位はアルミ風防。Amazonでは安くても1000円くらいですが、半額ほどで買える風防です。サイズは66×24cm(1枚の板幅8.3㎝)で、普通に使えるサイズ。ただ、元から付いているフィルターを剥がすのにかなりの手間がかかるのと、ちゃちな作りなのでこのランクに入れました!ですが全然使えます。

5位 教師用指示棒(ダイソー)110円

何とここでキャンプとは関係ない商品がランクイン。実はこれ、改造すると火吹き棒になるんです。100円ショップの火吹き棒を買っても全然使えるのですが、短さがネック。そこで、同じような構造で伸ばすと長く、縮めるとコンパクトになる指示棒がベスト!先端もグリップも簡単に取り外せるので、改造も楽でかなりおすすめです!

4位 ファイヤースターター 110円

これは各100円ショップから発売されていますよね!冒頭でもお伝えしましたが、昔は安くても800円以上だったファイヤースターターが今は100円ショップで手に入ります。麻紐を解いてふわふわにした物を用意しておくと、100円ショップのファイヤースターターでも十分に力を発揮します!これはすごい!

3位 オイルマッチ(キャンドゥ)110円 

これは賛否両論あると思います。「キャンプでオイルマッチなんか邪道」「オイルマッチ使うならライターでいい」との意見もありますが、何と言ってもカッコいいじゃ無いですか!無骨な男のロマン、オイルマッチが100円で出ている。据え膳くわぬは男の恥、安いオイルマッチ買わぬは男の恥。僕は即買いでした。結果的にテンションが上がったので、第3位に入れました!

2位 ポケットストーブ&アルコールストーブ(キャンドゥ)各330円

2位はキャンドゥのポケットストーブとアルコールストーブ二つが入賞です。これが出た時はついにやりやがったという感じでした。この二つを買っておくと、100均から出ている五徳と組み合わせたり、固形燃料と組み合わせたりで、様々なシチュエーションの対応できるんです。しかもアルコールストーブはデザインがシンプルでカッコいい。

1位 メスティン(ダイソー)550円

想像していた方も多いかもしれませんが、やっぱり1位はダイソーメスティン。普通のメスティンでも今は1000円〜2500円程で手に入るのですが、このメスティンの凄さは安さだけではありません。何と、普通のサイズのメスティンにすっぽり入るサイズなのです。メスティンinメスティンです。持ち運びが楽な上、彼女やお嫁さん、お子さん等に丁度いい1合炊きサイズです。それが550円ですよ・・・堂々の第1位です。

神奈川県のおすすめキャンプ場紹介!!

こんにちは!キャンパーのペテボーイです!

都内や神奈川在住の方だと、近場でキャンプができる場所ってなかなか無いですよね!

今回は、近場でキャンプしたいけれどキャンプ場を知らないという方に向けた記事です!

 

神奈川おすすめキャンプ場!

・小田原市 いこいの森 RECAMP おだわら

車で都心から1時間ほどで行けるキャンプ場です。森の中には清流が流れ、時期によってはホタルやカニも見れる、最高のロケーション!小田原には小田原城や城下町もあるので、1日キャンプ、2日目に観光といった楽しみ方もできるんです!

料金も一般で3200円〜で楽しめるキャンプ場です!

 

・青野原オートキャンプ場

北丹沢の自然に囲まれた、道志川沿いのキャンプ場です!都心からもアクセスしやすく、車で少し走れば温泉や牧場もある好立地!雨の後じゃなければ川遊びもできて、子供ときても楽しいキャンプ場です!

料金は細かく設定されているので、ホームページでご確認ください。

 

・青根キャンプ場

これまた道志川沿のキャンプ場!時期によっては桜や紅葉、花火大会も楽しめるキャンプ場です。人気のキャンプ場で、夜でも怖さを感じず楽しめると思います。

料金は1泊750円〜で、とても安いです!

例)大人2人、子ども2人、持ち込みテント5人用以下1張り、タープ一張り、車1台

780円×2+550円×2+1,200円+1,200円+1,200円=6,260円
清掃料100円×4人=400円
合計:6,660円

 

神奈川にはまだまだおすすめキャンプ場がありますが、今回紹介したキャンプ場は特に人気でおすすめのキャンプ場です!

一人一人マナーを守って楽しみ、自然を大切にしていきましょう!

それではまた! 

 

 

キャンパー、ペテボーイのブログ開設!

初めまして、キャンパーのペテボーイです!!✨

 

この度、キャンプ好きの人のためのブログを開設しました!!

 

僕は神奈川県在住の20代キャンプ🏕 好き、焚き火🔥好きの男です!!

 

キャンパー同士の情報交換や、キャンプする上でのマナー、環境保全のための発信をしていこうと思いますので、ぜひ宜しくお願い致します!!

 

 

 

キャンプ初心者が絶対買うべきおすすめキャンプ道具紹介!

初めまして!キャンパーの トフト です!

今回は・・・

 

キャンプがしたいけど、何を買えばいいかわからない・・・

おしゃれにキャンプを楽しむための方法や道具が知りたい・・・

 

そんなキャンプ初心者に向けたキャンプ道具の紹介です!!

 

そもそもキャンプって何でしょう

いきなりなんですが、キャンプって何だと思いますか?Wikipediaによると、「野外で一時的な活動を行う事」と言うの意味らしいですが、最近流行りのキャンプって果たしてそれだけでしょうか?僕的には、

・自然を楽しみながらゆったりとした時を過ごす

・普段じゃ作ったり食べたりできないような豪快な食べ物を食べる

・便利な日常から一時的に離れ、不足を楽しむ

これがキャンプにとって重要だと思っています。せっかくのキャンプなので、できるだけ持ち物を減らし、コンパクトを追求する。実はその結果、あるスタイルのキャンプが人気となっています。それは、「ロースタイルキャンプ」です。

コンパクトを追求したロースタイルキャンプ

この記事では、できるだけ持ち物を減らしてバイクでも行けるような道具の紹介をしていきます。ロースタイルキャンプとは、地面から近い場所でコンパクトに行うキャンプです。取るスペースも狭く、後片付けも楽で、写真映えする。いいこと尽くめですね!

キャンプに必要な最低限の道具

持ち物を減らすと言っても、不足だらけではこれまたキャンプが楽しめません。必要最低限の持ち物は抑えておきましょう!

・焚き火台&薪

最近では、地面に直で焚き火をする事が出来ないキャンプ場も増えてきました。芝が燃えたり、後片付けをしないキャンパーがいる事が原因です。キャンプで焚き火が出来ないとなると一気に冷めてしまうので、焚き火台は絶対買っておきましょう。 

・テント(タープもあれば)

デイキャンプや少し焚き火がしたい程度なら必要ありませんが、1泊するなら用意しておきましょう。タープがあれば急な雨にも備えられ、暑い日は日差しを抑えられるので、できればセットで揃えることをお勧めします!

・寝袋

夏はタオルケットでも十分ですが、自然の中だと夏でもかなり冷え込む場合があります。寒さ対策は抜かりなくしておきましょう。

・ランタン、ライト

ライトは意外に重要です。なぜかというと、キャンプと言ったら豪快なお肉ですが、焚き火の灯りだけだとお肉の火の通りがわかりにくいんです。また、石や木などで怪我をしない為にも、ライトは最重要です。また、買っておくと災害時にも便利です。 

・火起こし道具

ライターやzippoでもOKですし、本格的に楽しみたい方はファイヤースターターやマッチがお勧めです。炭火でキャンプしたい方は、着火剤とガスバーナーがあると無駄な時間を取られずにキャンプを楽しむことができますよ!火吹き棒等、風を起こせる道具も大切です。 

・調理器具一式

焚き火やカセットコンロ、コンパクトバーナーなどで調理をする場合は、調理器具の材質も気をつけましょう。例えば焚き火でアルミの調理器具を使うとこはお勧めしませんし、カセットコンロでは逆にアルミの方が熱伝導が良かったりします。買う場合はしっかり考えて揃えましょう!焚き火では鉄製の調理器具、ガスではアルミを使うといいと思います。

・タオル、雑巾

実はタオルは万能です。汚れた食器や調理器具、椅子やテーブルの足、濡れた場合の体拭き、何にでも使えますので、何枚かは絶対持っていきましょう。

おすすめキャンプブランド

キャンプをする上で、拘りたいのがキャンプブランド。かっこいい道具を買うと愛着が沸き、大事にするので結果環境にも優しくなります。下のブランドは抑えておくといいと思います。

・CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

比較的安価で丈夫な、初心者から上級者まで幅広く愛されているキャンプブランド!1967年に日本で生まれたアウトドアブランドです。みんな使っているローテーブル、デザイン性にも優れたチェアなどが大人気です!

・Coleman(コールマン)

キャンプと言ったら、このColemanを思い浮かべる人が非常に多いのではないでしょうか?1900年頃にアメリカで生まれ、ガソリンランタンで有名になったブランドです。今でもかっこいい無骨なランタンを初め、テーブル、チェアなど幅広く手がけ、キャンプ界に圧倒的存在感を示しています。値段は少し高めの設定ですが、丈夫で長く使える道具が多い印象です。

・snow peak(スノーピーク)

キャンプ界の重鎮、金持ちのキャンプ、そんなイメージのあるスノーピーク。実は1958年、日本発祥のブランドで、数多くのキャンプファンの憧れとして今なお君臨しているブランドです。全てがオシャレで、つい欲しくなるデザイン。嫁にバレないように買ってしまい、後日多くの男性キャンパーを修羅場に陥れてきたブランドです。

 

 

初心者が絶対買うべきキャンプ道具

 上で紹介したブランドで、特に初心者におすすめの道具です。

・CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

・ローテーブル

持ち運びが楽で、組み立ても楽、構造的にも丈夫なので、多くのキャンパーに愛用されてる大ヒット作です。ローテーブルの上にコンパクトバーナーを置いて使うと高さも丁度いいですよ!他のブランドのローテーブルと比べて圧倒的に安く、このクオリティで2000円くらいで買えるというコスパの良さ!最大のおすすめ品です!

 

・コンパクト焚き火台

調理のしやすさ、コンパクトさから大人気の焚き火台です。なんとB6用紙のサイズに折りたたむ事ができ、ソロキャンプにはぴったりのサイズです。

・Coleman(コールマン)

・ランタン(ガス)

コールマンは色々なランタンを出してますが、これは最近人気のランタンです。こんなお洒落なランタンは他ブランドには無く、持ってるとキャンパーから一目置かれる商品。めちゃくちゃお洒落!

・ホットサンドメーカー

Twitterで話題となったキャンプでのホットサンドメーカーはコールマンがお勧め!頑丈で使いやすく、手頃な価格でコールマンを使えると人気です。

・snow peak(スノーピーク)

・チタンマグ

このチタンマグは直接火にかけられるようになっていて、ただかっこいいでけでは無く、冬場にコーヒーを飲んだり、冷めたドリンクを温め直しやすいという点からも大人気商品です。値段もお手頃で入手しやすい点からもお勧めです!

・CAMPバーナー

これは買った方がいいヤバすぎるアイテムです。CB缶(カセットコンロで使うガス缶)で使えるバーナーで、組み立てた時のデザインがめちゃくちゃカッコいいです。CB缶はコンビニなどでも売っていて手に入りやすく、災害時にも調理ができる最強アイテム。

 

 

最後に。 

いかがでしたか?キャンプについて色々わかっていただけたかなと思います。あとはマナーを守り、自然を肌で感じて楽しんでくるだけです。それでは、良いキャンプライフを!